2014.10.31朗読ライブ『星の王子さま』vol.5

西土佐ふれあいホール外観
西土佐ふれあいホール外観

office1373朗読ライブ『星の王子さま』第5回公演は、東京を遠く離れた高知県四万十市西土佐ふれあいホールで行いました。

プラネタリウムのような天井
プラネタリウムのような天井
ホール内
ホール内

 

 

 

 

 

 

 

 

演出の井坂聡が20年以上前からお付き合いいただいている高知の知り合いの方々が私たちの活動を応援して下さり、高知新聞主催の第21回移動高知新聞 ふれあい高新in西土佐というイベントに、高知県文化財団が主管の朗読ライブとして組み入れていただきました。

 

リハーサル中の南ななる
リハーサル中の南ななる

今回は上演時間が45分で諸々の制約もあり、朗読者は南ななる一人で5役を演じ分け、ピアノも生演奏ではなくパソコンからCD音源のものを流す形となりました。

 

アールデコ調の本番用衣装

 

また衣装もいつもの王子さまのイメージではなく、原作の時代設定に合わせたアールデコ調のものを小林シゲキが用意いたしました。

映像用と音源用の2台のパソコンを使用、高知在住の女優で井坂と南の共通の知人の浜田あゆみさんにお手伝いをいただきながら、無事に上演することが出来ました。

 

 

 

会場となった西土佐ふれあいホールは、決して交通の便が良いところではない山の中の町にあるのですが、雨の降る中を120名のお客様にお越しいただき、クライマックスのころにはすすり泣きの声も聞こえ、お帰りの際にお見送りをしていると、「読み聞かせの勉強になった」「もっと多くの人に聞いてもらいたい」「フルバージョンでやってください」などの嬉しいお声掛けをいただきました。

(左から)浜田あゆみさん・南ななる・井坂聡
(左から)浜田あゆみさん・南ななる・井坂聡

 

元々は東日本大震災の支援にと始めた活動ですが、そこから発展して、全ての傷ついた人々の心の糧として、そして人と人とを繋いでいく架け橋として、『星の王子さま』を語り継いで行きたいと、改めて思った一夜でした。