2011.12.10 義援物資をお届けしました!

2011年10月15日の朗読ライブ「星の王子さま」Vol.1には沢山のお客様にご来場いただき、まことにありがとうございました。お蔭様で、5万円の寄付金を捻出することができ、それを基に支援物資を購入し、福島県田村市の障がい者施設NPO法人『田村希望の里』様へ、12月10日にお届けしてまいりました。

田村希望の里・外観
田村希望の里・外観

せっかくの皆様のご厚情を最も有効な形で使わせていただきたいと、お届け先について地元の方々にご意見を伺っておりましたので、少し時間がかかってしまったことをお許し下さい。『田村希望の里』理事長の照山様とお電話でやり取りさせていただき、今必要とされているものをということで、ティッシュ240箱を始め、台所用洗剤、洗濯用洗剤、アルコール消毒液、石鹸、アルカリイオン水除菌クリーナー、マスクといった生活必需品と、絵本・児童書をお届けいたしました。

 

田村市は山一つ越えればすぐに事故のあった福島第一原発という場所です。常に汚染の恐怖にさらされている土地ですが、障がい者の方々は簡単にこの土地を離れて生活するわけにはまいりません。というよりも、この通所型グループホーム『田村希望の里』に通うことが、心の支えであり楽しみとなっています。

照山理事長ご夫妻
照山理事長ご夫妻

 

震災当時のお話を理事長ご夫妻から伺いながら、改めてテレビや新聞などの報道からはこぼれ落ちている情報がいかに多いのか、また必要な情報が伝えられていないのかを実感し、やはり直接自分自身の目や耳で確かめ「心」に刻み込まないと、物事の大切な部分を知り得ないということを再認識いたしました。

さらに私たちが映画演劇界の人間ということもあって、今回のことにとどまらず「ぜひ映画にして欲しい」と沢山の興味深いエピソードをお話しいただき、何らかの形で実現できないかと夢が膨らんでまいりました。これは思いがけない副産物でした。人のつながりのありがたさが沁み入ったひとときでした。